BKI Farm Banner.jpg

Food Education/ 食育

The Happy farm 2019/ ハッピーファーム2019


BKIでは食育を実施しています。2019年度は初めての試みで武蔵野市内の市民農園をレンタルしました。

ハッピーファームと名付けた畑に日々園児達と足を運んで野菜の有機栽培に励んでいます。

園児達の活動とお野菜の成長記録をこのページで共有していきたいと思います(更新は不定期です)。


全ての始まり

2018年のとある日

BKIスタッフが武蔵野市の市報を読んでいたところ「武蔵野市市民農園申し込み受付」の文字が目に飛び込んで来ました。

以前他県に住んでいた時自宅マンションの横に市民農園があり、そこに保育園児達が通って来ては楽しそうに水やりをしたり収穫していた姿をふと思いだました。

「これは是非ともBKIの園児達にも体験してもらいたい!」と思い、

市民農園の所在地、団体利用もできるのか等ネットで調べてたところ

申込者が武蔵野市に住んで入れば申し込み自体は大丈夫とのこと、

しかも頻繁に園児達が遊びに行っている公園のすぐ横に市民農園がありました!(歩いて行けるなんてラッキー!)

2月に入り申し込みが始まると同時にインターネットより申し込み(ネットでポチッと申し込み完了。便利な世の中です。)

3月に入りネット上で抽選結果が発表され、無事1枠使用できることになりほっと胸を撫で下ろしました。

そして4月に入り新学期が始まり慌ただしく日々が過ぎていきました。(あれっ畑っていつ始めるのかなソワソワ)


2019年5月上旬/ Early May

ゴールデンウィーク10連休明けのある日BKIプリスクール玄関先に苗を発見!

週末にディレクターご夫婦が入手してくれたそうです。

早速園児達と公園横の市民農園へ出発。

意気揚々と到着すると

ありゃっ雑草がモサモサ生えている・・・まずはこの処理から始めなければということで

園児達と一緒に雑草取り開始!

キャッキャキャッキャ賑やかな中無事終了(子どもってなんでも楽しむ天才ですよね!)

この日はこの後ミスターロブとアシスタントが有機肥料を撒いて、土を掘り起こして、こんもり山を作って

水やりは次の日の天然の散水(雨)に任せて退散しました。

Today we visited our vegetable plot for the first time. The plot is located just next door to the see-saw park, so while some students worked in the garden, the other’s stayed in the park to play. We had planned to turn the soil and add  fertilizer to the soil today, but when we arrived we noticed another job that needed doing beforehand. The plot was filled with weeds. The students went about digging up all the plants in the plot. It was dirty work but it was a lot of fun. Some student even dug up something amazing. There were some radish plants that had been growing on their own in the plot. We re-planted the radishes in the corner of the garden in hopes that they will keep growing.  We didn’t have time to finish all the weeding but luckily Mr Rob and his assistant came to help. After we left they stayed behind and dug up all the soil and mixed it with organic fertilizer. 

 
 

2019年5月中旬/ Mid May

園児達はいつも公園遊びの合間を縫って交替で畑作業に取り組んでいます。

肥料を混ぜてから1週間強、土壌に馴染んだ頃を見計らって

この日の作業は苗を植えるところまで

「ビニールを敷くお手伝いをしてくれる人はいるかな?」

「Me!」「I want to do it!」とたくさんの手が勢いよく上がりました。

BKI-Preschool:farm2-black-plastic-cover-hand(BLUR).jpeg

以前ミスターロブが作ってくれた土の山をならして

黒いビニールを被せてビリっと穴をあけてそこに

とうもろこし、豆、トマト、ペッパー、きゅうり、バジルなどを植えました。


苗を渡された時のなんとも言えないこの表情

苗を渡された時のなんとも言えないこの表情

苗をそっと優しく穴に入れてあげる丁寧さ。素敵です☆

苗をそっと優しく穴に入れてあげる丁寧さ。素敵です☆

支柱が必要な植物には支えを添えて

こんなにたくさん植えました🎶栄養をいっぱい吸収して大きくなーれ!

こんなにたくさん植えました🎶栄養をいっぱい吸収して大きくなーれ!

苗が元気に育つように

最後にたくさんお水をあげて帰路につきました。

BKI-Preschool:farm2-watering-wateringcan-hold(BLUR).jpeg

来週はレタスや人参の種を植える作業をします。

During park time today the Reggios went over to the BKI veggie plot in the community garden. Today we finished preparing the soil with black plastic, and poles. The students worked together to water the soil, flatten it out and lay out the plastic. Once the plastic was secured, the Reggio kids took turns to dig a hole and plant a vegetable plant. They planted corn, beans, tomatoes, peppers, cucumber and basil. Next week we will plant the lettuce and carrot seeds into the ground.


5月中旬続き /Mid May (Cont’d)

夏に向けて気温が上昇して、暑い週末を乗り越えた畑のお野菜達を今日も見守りに行きます!

到着すると、土がカラカラになっていたので先ずは水をたっぷりとあげます。

そして今日の最大の目標はレタスと人参の種を巻くことなので

早速一人一人種をもらい、

可愛い人差し指で穴をポツポツとあけました。

持ってるのはレタスの種かな?それとも人参の種かな?

持ってるのはレタスの種かな?それとも人参の種かな?

この日の作業はこれにて終了

芽が出る日が待ち遠しい様子の園児たちと畑を後にしました。

Today we traipsed along to the community garden plot by the See-Saw Park. Over the weekend, the garden had become very dry so we gave the garden some water. Each student then took a turn to plant carrot or lettuce seeds. At first they poked a hole in the soil with their fingers. They then pinched the seeds from their hand and sprinkled them into the hole. Lastly, they covered up the holes and patted down the soil. All the students expressed their excitement to see the seeds growing into plants. We all mused together about how long it would take for the garden to grow.


畑作業のブログから少し離れてしまいますが・・・最近ふと思った事を少しだけ

近年近隣の保育施設でも野菜や果物の収穫を園児達に体験させてくれる園が増えて来たように思います。

私の子どもたちも自身で収穫したお野菜や果物を自宅に持ち帰って

「このサツマイモご飯のお芋は私が掘ってきたんだよ!」

「みかんちょっと酸っぱいけど美味しいね🎶」と言いながらホクホクの笑顔で食べていました。

そんな中、後日配布された園からのお知らせにこんなことが記載されていました。

「収穫に行った際、大部分の園児たちはルールを守って丁寧に収穫作業をしていたが、一部の子どもが果物を投げたり踏んづけたりしているのを見て悲しい気持ちになった。」というものでした。

やはり他の人(見えない努力)が育ててくれた野菜や果物を収穫して食すだけでは

命あるものの大切さや尊さ、食べ物を得ることの大変さなどを真に感じて貰うことができないのかなと思いました。

BKIプリスクールの園児たちにはこの畑での体験を通して大切な何かを心に芽生えさせてくれたら

マネジメント一同大変嬉しく思います。

種や苗から大切に育てたお野菜や果物の命を大切にいただいて

たくさんのキラキラした思い出をBKIで作ってくれる事を心から願っています。


続く・・・ To be continued